簡単に映画を安く見る 3つの方法

ムービーディレクタードッグ

大きなスクリーン、素晴らしい音響、独特な雰囲気…そして映画館で食べるポップコーン。私は映画館が大好きです。でも1回1800円のチケット代はお財布にやさしくありません。今回は少しでも映画を安く見る方法を3つご紹介したいと思います。大好きな映画を1回でも多く映画館で見たい!という方におすすめしたい内容となっています。

スポンサーリンク

ムビチケ(前売り券)で映画を安く見る

ムビチケとはネットや全国の劇場で購入できる前売り券です。ムビチケを使うと便利なポイントがいくつかあるのでご紹介します。

400円ぐらい安く見れる

今回のテーマは映画を安く見る!ですから、一番にご紹介したいポイントはここです。見る映画によってムチビケの値段が違うのでなんとも言えないのですが、平均で400円ぐらい安く映画を見ることができます。

他の特典

ムビチケを使うと、事前に座席を予約できます。日曜のお昼過ぎなんかは見たい場所が混み合っていてなかなか取れません。そんな時に事前予約しておけば鑑賞券発券までもスムーズで並ぶ必要がありません。

また、「ムビチケカード」を買うと、結構いいデザインのカードが手に入ります。最近の物は特典が付いている物もあったりしてお得感もありますね。観賞の記念にもなるし、安く映画も見れるしでお得感たっぷりです。

スポンサーリンク

レイトショー

全国の劇場によってレイトショーになる時間が違うかもしれませんが、大体20:00以降に始まる映画はレイトショーと言われ安くチケットが購入できます。大体500円ぐらい安くなる場合が多いようです。

デメリットとしては、劇場の中で比較的小さなスクリーンで上映される場合がある事です。しかし、二人で行ったとして1000円近く金額が違うのは大きいです。帰りの電車代やガソリン代が丸々浮く計算になりますよね。レイトショーは侮れません!

スペシャルデーを利用しよう

毎月1日は映画の日です!!これは大きめのシネコンならほぼ全ての劇場にあるシステムだと思いますが、毎月1日には大体700円ぐらい安く映画を見れます。素晴らしいですね。他にはレディースデイなんかも多く見られますが、劇場によって曜日が違ったりしますので確認が必要です。

更に、劇場が定めた特別な日があります。例えばTOHOシネマズは毎月14日がTOHOシネマズデイですし、109シネマズは毎月10日が109シネマズの日です。劇場の日も毎月1日と同じぐらい安く映画を見れますので、近くの劇場が毎月何日に安くなるかを確認しておくと、結構お得に映画を見れると思います。

お得になった分で何を買う?

例えば二人で映画館に行った時、二人で1000円違えば色々選択肢が広がりますよね。例えばプレミアムポップコーンを奮発してみるとか、サイドメニューを追加するですとか。映画の内容が気に入ったらパンフレットだって買えますし、帰りのガソリン代や電車代だと思えばかなりお得ですよね。ちょっとした違いですが、何度も何度も足を運ぶ映画館でしたら割引制度を上手に利用してお得に映画を見ちゃいましょう!

タイトルとURLをコピーしました