失敗しない!美味しい紅茶を選ぶ時の3つのポイント

ティータイム

最近は随分と紅茶の茶葉を販売するお店も増えてきました。今まさに茶葉を買おうとしている所!という方がいらっしゃるかもしれません。今回はたくさんありすぎて分かりづらいブランドやグレードなんかはひとまず置いといて、美味しい紅茶を買いたい時に「何を確認すればいいか」に重点を置いてみたいと思います。

紅茶を買うときにまずチェックしたい3つのポイント

ブランドや茶葉の種類は色々ありすぎて分かりませんよね。とりあえず今回はそれらの事は一切書きません。長くなりすぎてしまいます!

パッケージの綺麗な商品を選ぶ

これは美しいデザインの物を買うという事ではありません。外箱が損傷していないかを確かめます。紅茶は輸入している事が多く、外箱に傷がついていたり汚れていたりすると中の茶葉もダメージを受けている恐れがあるからです。へこんでいたり、ホコリをかぶっていたりしませんか?手にとってよ~く見てみましょう。

また、アルミパッケージの場合は密閉チャックが付いているものを強くおすすめします。チャックが無いと、封を開けてから洗濯バサミやクリップなんかで止めておく事が多いかと思います。これではせっかくの茶葉が湿気ったりして劣化していきます。

缶のパッケージは強いので中の茶葉にダメージがあることは少ないと思いますが、一度足で踏まれたのかと思うぐらいへこんだ缶を見たことがあります。茶葉は色々な国を旅してあなたの手元にやってきています。どんなダメージを受けているかは分かりませんので、念のため確認することをおすすめします。

賞味期限をチェックせよ!

商品の回転が遅い店ですと、賞味期限ギリギリだったりします。一般的に缶に入っている紅茶は3年、アルミ包装の物なら1年から2年が賞味期限です。できるだけ賞味期限が先の物を選びましょう。

価格とおいしさは一致しない

最後は価格です。値段が高いお茶はさぞかしおいしいんでしょう。と思う方がいらっしゃいますが、まったく違います。好みが違えば高い紅茶でもまずいと感じますし、安い物でも気に入ったりします。価格にこだわり過ぎず、パッケージの内容をしっかり見て好みのものを選ぶと失敗しないですむと思います。

というのも、私はアッサムという種類の紅茶で作るミルクティーが好きなのですが、奮発して高級アッサムを手に入れた時、飲んでみたらものすごく好みに合いませんでした。例えると「うさんくさい味」です。例えられてないですね…。500円ぐらいで売っている日東紅茶のアッサムブレンドの方がはるか安くて美味しいと思いました。

番外編 茶葉の量は少なめに買おう

紅茶を買う時に少しだけ気にして欲しいのが、分量です。これはあまり自分で選べない部分なので、番外編としました。目安は2週間ぐらいで飲みきれる量です。1日に2~3杯飲む方でしたら、大体70g~150gぐらいが適量かと思います。これは何故かと言いますと、密閉していたとしても、一度開封してしまうと どうしても茶葉が劣化していってしまうからです。なるべく少量ずつ買うようおすすめしたいと思います。

パッケージ、賞味期限、価格が重要!

いかがでしたでしょうか。今回のポイントはブランドで選ぶ際にも大切な視点だと思います。まずはこの3つのポイントをおさえた後に茶葉の種類やグレード、ブランドなんかを徐々に絞り込んでいけば美味しい紅茶が見つかるんじゃないかと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました