猫と遊ぶ

猫が遊んでくれないのはアナタのせい! ネコ様は狩猟民族なのだ!!

猫と遊ぼう
Written by パンド
Pocket

 新しいおもちゃを買って、よーし!これで猫とキャッキャうふふと遊ぶぞ~と思っても全然遊んでくれない時ってありますよね。結構高い物もありますから、ちょっとしたショックです。これなら遊ぶかなと思っても全く興味なし!の時はガッカリしちゃいます。今回は愛する猫が全然遊んでくれない時どうすれば遊んでくれるようになるのかを研究してみたいと思います。

スポンサーリンク

どんなおもちゃが良いのか

 はっきりと言います。猫によってオモチャの趣味が全く趣味が違います。コレ!という物は存在しないと言っていいでしょう。

 ただ、前に有名なブリーダーさんに質問する機会があったので聞いてみたことがあります。「どんなおもちゃがおすすめですか?」と聞いた時には、ネコジャラシ型のおもちゃは大抵の猫が食いつきますよ。とおっしゃっていました。

 ブリーダーさんは「ただし、飼い主さんの腕によりますけどね」とも言っていました。

猫がオモチャで遊ばないのは飼い主の腕が悪いから

 「猫がオモチャで遊ばない!!」とか「色んなオモチャを試したけどさっぱり食いつかない!!」など良く聞くお悩みですよね。

 なんてったって気まぐれな猫ちゃんですから、せっかく良いなと思って買ってきたオモチャで全然遊ばないなんて「猫あるある」ですよね。

 でもね、オモチャ選びは半分は気まぐれ猫との相性ですが、飼い主さんの遊びの腕が悪いのも原因のひとつなんです。では、どうすれば猫がオモチャで遊んでくれるようになるのでしょうか?

遊びは狩りだ!!

 猫との遊びの基本は、狩猟本能をくすぐる事です。自然界で猫が追う獲物(小鳥、ネズミ、バッタなど)を真似した動きを取り入れると、猫がとても興味を持つんです。

 例えばネズミ。ねこじゃらしをネズミが動いているようにサササッと床にはわせます。サササッ⇒ストップ⇒サササッと緩急をつけてやると、よりリアルになるでしょう。そして猫の視界から一度消えたり、また現れたりを繰り返します。最後に物陰から少しだけネコジャラシを出してピコピコと振るんです。できるだけネズミに似たような動きをするんです。リアルな動きが猫の興味を引くんですね。

 猫が好きな獲物は本当に様々です。オモチャを色々と買ってみても全然食いつかない場合は、色々な獲物の動きをしてみて下さい。

 飼い主は遊んでいるつもりでも、猫は狩りをしているような気分になっているんです。獲物をうまく演出してあげれば、きっと目を輝かせて飛びついてくるでしょう。ここが飼い主さんの腕の見せ所ですね。

 獲物を物陰から少しだけ出したり、蝶のようにヒラヒラさせてみたり、蜘蛛が垂れてくるようにツーっと上から攻めてみたり。鳥がヒュンッと通り過ぎるように素早く動かしてみたり。色々な動きで猫の興味を引いて下さい。

猫と遊ぶ時間は?

 猫は大体狩りをするのに15分ぐらいかけると言われています。むしろ、15分以上は疲れちゃって追い掛け回していられないそうです。

 なので、一度の遊びは5分~15分の間ぐらいでいいでしょう。できれば午前と午後の2回ぐらいは遊ぶ時間を取ってあげるといいですね。1日2回、15分間遊ぶのが理想と言えます。

必ずフィニッシュを作ってあげる

 猫は獲物を「取ったどーーーー!!」とする瞬間が一番興奮するらしいです。なので、遊びの最後には必ず獲物をキャッチさせる事が一番重要です。

 捕まえたという実感をわかせるために、遊びの最後には必ず「フィニッシュ」させてあげましょう。

飽きさせない工夫

 飼い主さんの腕がプロ並みだったとしても、ずーっと同じオモチャで遊んでいると猫は飽きてしまいます。なので、数種類のオモチャでローテーションしてあげるといいと思います。

 そして、常に新しい動きを研究して猫を飽きさせないようにしてあげるのです。

 私はいつも「必殺!蛇の舞っっ!!」とか言ってネコジャラシをウネウネさせたりして遊んでるんですが、猫に冷めた目で見られています。飼い主がアホだと猫が大変ですね。こうはならないようにしましょう。

おわりに

 猫のおもちゃには羽がついている物や、ビニールのカシャカシャ音がなる物がついていたりします。羽やこすれて音が鳴るオモチャは特に食いつきが良い場合があるのですが、飼い主さんがいないときに間違って羽やカシャカシャを食いちぎって飲み込んでしまう場合があります。とても危険ですので、遊び終わったらオモチャを猫の手の届かない所にしまいましょう。

 猫と上手に遊ぶのは、なかなか難しいですよね。うちの猫なんて、私がオモチャで必死に動きをつけていると「おいおい必死すぎだろ・・・しゃーない遊んでやるか」という感じで仕方なく遊んで下さいます。なので、私もまだまだ勉強中です。

 毎日毎日猫と遊ぶ中で、愛猫オリジナルの遊び方を編み出すのも、猫を飼う楽しみなのかもしれませんね。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク