ブラックバイトとは?過酷な実態が酷すぎた!

ブラックバイト

今、若者をすり潰すようなバイトが増えています。ブラック企業ならぬ「ブラックバイト」です。ブラックバイトとは一体何でしょうか。その特徴は?もし、ブラックと分からずに入ってしまったらどうすればいいでしょうか。今回はブラックバイトを探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブラックバイトとは

ブラックバイトとは労働法規に無知な学生につけこみ残業代や割増賃金を払わない等、過酷な労働条件で学生を事実上の「無報酬」で働かせる悪徳企業の事です。ほとんどブラック企業と同じ意味ですが、相手を学生や未成年に絞っている点で、より悪質と言えるでしょう。

ブラックバイトの特徴として、賃金不払いの他には休憩時間を与えない、バイトがやらかした場合の損金を罰金として取り立てる。違法な長時間労働をさせるなどがあります。

学生の本分は学業だという事を分かっていながら厳しいノルマを課したり、学校の試験期間であっても休ませないなども目立ちます。

スポンサーリンク

何故、ブラックバイトが増えてきているのか

最大の原因は人件費を浮かせたい企業側の思惑にあります。正社員に任せると人件費がかさみます。それを非正規雇用、いわゆる派遣社員等に任せて人件費をカットしていましたが、時代は一歩進みました。将来の宝である若者をターゲットにしたブラックバイトの誕生です。

学生は労働に関する法律に疎い面があり、少々ちょろまかしても分かりません。次第に内容がエスカレートして、本来社員がやるべき仕事をバイトに押し付け、できない場合は容赦なく給料から差っ引くのです。

では学生は何故こんな過酷な仕事に耐えなければいけないのでしょうか。バイトの唯一と言っても良いメリットは「やるも自由、辞めるも自由」だったではありませんか。

経済状況の悪化が原因

最近、学費がめちゃくちゃ高騰していますよね。少子化の影響でガンガン学費が上がっているんです。消費税も上がるし、社会保障費も毎年鬼のような勢いで上がり続けています。

更に追い討ちをかけるように給料が上がらない。最近のベースアップニュースを良く聞きますが、中小企業勤めのお父さん、お母さんには、まだまだ届いていない。

学費アップ、税金アップ、社会保障費アップ、出て行くお金はアップしているのに入ってくるお金は上がらない。経済状況がめちゃくちゃ悪いんですね。そんな親を見てかは知りませんが、子供さんも働きながら学校へ行くケースが増えています。大学生になり一人暮らしを始めても仕送りはあまり期待できませんし、奨学金を貰っても尚足りないという方が非常に多い。

だからブラックバイトが蔓延るんです。経済状況や社会環境が悪いため、他のアルバイトを見つける事が難しい。少々痛い目に合わせても学生は辞めない(辞められない)。辞めないからエスカレートする。悪循環です。

大人は誰も助けないのか

現在、厚生労働省は働く前にブラックバイトかどうかを確かめるよう促すキャンペーンを展開しています。そして教育関係者もブラックバイトを危険視し始め、啓蒙活動に力を入れ始めました。

未成年の場合は親の監督が必要です。子供はいくら大人ぶっていても法律まで頭が回っていません。バイトを始めると言い出した時や、バイトを始めてから明らかに学力が下がった、様子がおかしいなんて時には積極的にブラックバイトかどうかを確認し、子供を導いてあげるべきです。

では、どうやってブラックバイトを見分けるのでしょうか。働く前には労働条件を確認するのは必須ですが、それだけで判断するのは非常に難しい面もあります。働き出してから親子間でコミュニケーションを取り、次のような場合は即刻辞めさせるよう動き出しましょう。

ブラックバイトの特徴

  • 必要以上に残業をさせる
  • 残業代が出ない
  • 休憩を取らせてくれない
  • ハードなノルマを課せられている
  • ノルマ未達の場合、罰金や品物の買取をさせられる
  • 本来は正社員がやるような難しい仕事をしている
  • 希望していないシフトを頻繁に入れられる
  • ミスした分の損害を給料で支払わされる
  • 賃金が一方的に引き下げられた
  • 試験期間等でもバイトを休ませてくれない

ブラックバイトのまとめ

いくら厚生労働省や大学関係者が動いていると言っても、ブラック企業を完全に無くす事は困難だと思います。自分の娘や息子がそんな酷い目に合わないよう親としてきっちりと調べる事は調べた方が良いです。

しかし、難しいのは一歩間違えると自分達がモンスターペアレンツ化する事です。子供が望んで楽しくバイトをしているうちは少々の過酷さを見守るのも有りでしょう。でも、許しがたい線を少しでも越えたら子供を守るためにはモンスター化するのもしょうがないです。ガツンと行きましょう。子供を守ってあげられるのは、あなたしかいません。

タイトルとURLをコピーしました