疲労回復

これでバッチリ!サウナの効果を高めるための正しい入り方

サウナ
Written by パンド
Pocket

ジリジリと体が熱くなっていく感覚。じわーっと流れ落ちる汗。サウナってとても気持ちいいですよね。何気なく入っているサウナにも入る為の「お作法」があります。もちろん堅苦しい物ではなく、サウナの効果を高めるためだったり、みんなで入るサウナで迷惑をかけないルールだったりします。今回はサウナの効果を高めるための「サウナの正しい入り方」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サウナのリフレッシュ効果

効果を高めるためにはまず、サウナに入るとどういう効き目があるのか知っておくことは重要です。なんとなく汗が出るですとか、リラックスできるなんて事は皆さん知っていると思いますが、もちろんそれだけではないんです。

イライラや興奮を鎮める

サウナにはイライラや興奮を鎮め鎮静効果があります。神経を鎮める事で不眠、日々のストレスの蓄積を解消します。

疲労回復したい方は

サウナに入ると逆に疲れそうですが、何故肉体疲労が回復するのでしょうか?これは血流に関係があります。サウナに入り血流量がアップすると酵素の摂取量が増え、疲労物質である乳酸の排泄スピードが高まるのです。

肩こりや腰痛にも

血流のアップは疲労回復以外にも効果があります。それは肩こりや腰痛などの症状が緩和される事です。

美容効果に注目

疲労回復のところで乳酸の排泄スピードがアップすると書きましたが、老廃物の排出も同時にアップします。肌の調子が良くなったりツヤのある髪が生まれてきます。

こんな時は入らないようにしよう

サウナに入る際に効果を低めてしまう「べからず集」があることをご存知でしたか?せっかく気持ちよくサウナに入ってリフレッシュしたいのに逆に疲れてしまうなんていう事もあるので注意が必要です。

満腹の時はサウナに入ってはいけない

お腹一杯ご飯を食べた後は、消化しようと血液が胃の方へ集まっていきます。しかしサウナに入ると血液は循環しようとしますから、集まったり分散したりで健康上あまりよろしくありません。ご飯を食べた後は1時間ぐらい休憩してから入るようにしましょう。

酒を飲んだ後はサウナに入ってはいけない

特に泥酔時は絶対に避けた方がいいかと思います。アルコールが回りすぎてしまう危険があるからです。

マナーを守って楽しくリフレッシュ!

皆さんどういうふうにサウナに入室してるでしょうか。あたりまえのようで、結構見落としがちなサウナに入る為のお作法を見て行きたいと思います。

サウナに入る前に体を洗う

銭湯なんかでも湯船に入る前は体を洗うのが一般的ですよね。これは外から来たばかりで汚れている体を直接湯船につけてしまうと、周りのお客さんに迷惑がかかるからだと言われています。サウナも同じで、まずは体をしっかりと洗いましょう。

タオルで水気を取る

体がビショビショのままサウナに入っていませんか?これではそこらじゅうが濡れてしまい他のお客さんにも迷惑がかかりますので、しっかりと水気を拭いてから入室しましょう。

水気を拭く理由は他にもあります。体がぬれていると発汗作用が弱まってしまい、気持ちの良い汗をかくことが難しくなってしまうからです。タオルをしっかりしぼって体の水気を十分取ってからサウナに入りましょう。

いよいよ入室!サウナの中での注意点

前置きが長くなってすみません。体は洗ってよく水気を取った!となったらいよいよサウナに入ります。寝転がるのが一番楽な姿勢なのですが、部屋に人が多いと邪魔になってしまいます。寝転がりたい時は誰もいない時にしましょう。

隣の人にだけは負けないぞ!!なんて我慢比べしていませんか?長時間サウナに入ることは体に負担がかかります。長くても15分ぐらいで一旦外に出てリセットしましょう。逆に15分以上入り続けても疲れてしまうだけなのでおすすめできません。

十分に汗を流したら、サウナの外へ出ましょう

水風呂の極意!

サウナから出たらゆったりと歩きましょう。急に動くとふらふらしたりするので注意が必要です。そしてお待ちかね(かどうかは分かりませんが)の水風呂タイムです。これが本当に気持ちいいんですよね。いきなりザブーンと入ってはいけません。体が驚いてしまいますからね。慎重に事を進めましょう。

心臓から遠い場所に冷水をかけよう

手や足から水をかけ体を冷水に慣らしていきましょう。次に腕、太もも、頭と徐々に心臓に近くしていきます。最後は体に冷水をかけ、汗を流しましょう。水風呂では寒くなるまで入らないように。風邪をひく原因になります。ほど良く体を冷ますぐらいが丁度いいと思います。

水風呂から出たら、体をタオルで拭き水気を綺麗に取りましょう。この1サイクルが終わった時に水が飲めるところなら水分補給をしたほうがいいです。

水分を補給したら再度サウナに入室しましょう!

3度ぐらいが丁度いい

サウナ>水風呂>サウナと何度繰り返せばいいのでしょうか。大体標準では3回ぐらいで丁度いいと言われています。最後に冷水でシメるのも気持ちいいかもしれませんが、風邪をひいてしまう場合があるので、軽くあたたかいシャワーをあび、最後にもう一度体を洗って汗を流しましょう。

最後に水分補給を忘れずに!

サウナから上がると気持ちよくてそのまま休憩室で寝てしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、その前に水分補給を忘れずにしましょう。途中補給しているとはいえ十分とはいえません。サウナで大量の水分を失っていますので忘れずに水分補給して下さい。脱水症状を起こさない為にも水をコップ一杯ぐらい飲みましょう。

帰る前には十分にクールダウンを!

サウナから上がって着替えてすぐ帰るのはストップです。まだ発汗は止まっていません。服を着替えたそばから汗をかいてぬれてしまいます。その状態で帰宅すると体を冷やして風邪の原因となります。一度休憩室でクールダウンして汗が十分に止まったなと感じてから帰宅して下さい。

最後に

色々な楽しみ方があるとは思いますが、標準的なサウナの入り方をご紹介しました。サウナは日頃の疲れを癒す憩いの場です。楽しく汗をかいてリフレッシュしましょう!

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク