猫の飼い方

猫に食べさせてはいけない食べ物 一覧 まとめ

猫の足
Written by パンド
Pocket

 知らず知らずのうちに猫に食べさせてはいけない食べ物をあげている事があります。しっかりと猫に与えてはいけない食べ物を理解し、コントロールしてあげることが重要です。今回は、猫に食べさせてはいけない物をまとめてみました。

スポンサーリンク

ユリ科の植物・食べ物

 絶対に猫には与えてはいけない食べ物の代表です。少量でも中毒をおこし、最悪愛する猫が亡くなる危険性もあります。ユリ科の植物は、はっきり言って猫には毒でしかありません。最低、家の中にはユリ科の植物をおかないようにしましょう。

ユリ科の代表的な食べ物

  • タマネギ
  • 長ネギ
  • ニンニク
  • ニラ
  • ラッキョウ
  • アスパラガス

ユリ科の代表的な植物

  • スズラン
  • チューリップ
  • ユリ
  • ヒヤシンス

猫がユリ科を食べると中毒になります

 家庭の食卓にかかせない食べ物が多いのが特徴です。タマネギ、長ネギ、ニンニク、ニラあたりは毎日何かしらは使っていてもおかしくありません。これらを気軽に猫にあげてしまったばかりに中毒症状をおこし、病院に担ぎ込まれたなんて話は良く聞きます。

 煮汁も要注意です。すき焼き、牛丼の煮汁にはたっぷりネギ成分が入っています。神経質かもしれませんが、食べ終わった後のテーブルはよ~く拭いて下さい。他にもハンバーグやカレーなどタマネギ料理は思ったよりも多いですので、注意が必要です。

チョコレート

 猫はチョコレート(カカオ)をうまく分解できません。間違って食べてしまうと嘔吐、下痢、痙攣などを起こします。

猫がチョコレートを食べた時の致死量は?

 ミルクチョコレート一枚(50gぐらい)まるまる食べても死亡する危険性は低いでしょう。ただし、お菓子作りなどに使われるベーキング用チョコレートは桁違いに中毒成分が多く含まれています。

 ベーキング用チョコレートの場合は板チョコ一枚分で死亡する可能性がグッと高まるので、お菓子作りが趣味の人はベーキングチョコレートを厳重に保管して下さい。

 その他にはビターチョコレート、カカオが多く入ったチョコレートなどの色が黒っぽいチョコレートは危険度が高まります。

生の豚肉

 生の豚肉には「トキソプラズマ」という寄生生物がいて、人間にも猫にも感染します。豚肉をあげる時は必ず良く加熱してからあげるようにしましょう。

 猫が感染した場合、猫の糞から排出されたトキソプラズマが何かのルートで人間に感染するかもしれません。

カフェイン

 カフェインが入った代表的な物は、コーヒー、紅茶、緑茶などです。もしカフェインを含んだ飲み物をなめてしまった時にはチョコレートを食べた時と同じような症状が出ます。(嘔吐、下痢、痙攣)

 致死量としては体重1kgに対してカフェイン150mgです。インスタントコーヒー100ml中大体45mgぐらいです。缶コーヒー数杯分がぶのみする猫はあまりいないと思うので、大丈夫だとは思いますが少量でも中毒症状が出るので注意が必要です。

 もし人間用のカフェインサプリメントがある場合は、厳重に保管して下さい。

アルコール

 酔っ払ったおっさんが冗談半分であげてしまう事があります。猫はアルコールを分解する事がかなり苦手です。

 猫はすぐに酔っ払って内臓(特に肝臓、腎臓)にかなり負担がかかります。もし酔っ払ったお父さんが猫にお酒をあげていたら、すぐに辞めさせて下さい。本気でヤバイですから。

人間の食べ物全部

 人間用に作られた食事は猫には絶対にあげないようにしましょう。猫もかなり欲しがるんですよね~人間の食べ物。心を鬼にして拒否しましょう!

 人間用の食べ物は猫にとって塩分も濃いしマグネシウムやリンも多いです。尿路結石の素です。煮干もカツオブシも人間用の物は塩分がタップリ入っています。あげるなら、猫用に作られた煮干やカツオブシを与えましょう。

まとめ

 他にも様々な「猫に与えてはいけない食べ物」があります。随時追加していきたいと思います。

 注意点としては、食べてはいけない物を食べてしまった時は、すぐに獣医師さんに診てもらう事です。中毒症状を起こすほど食べてしまっていたならなお更です。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク