由来・語源

セブンイレブンの謎 No1コンビニのロゴに隠された謎とは・・・nが小文字だった

セブンイレブンの看板
Written by パンド
Pocket

 皆さんはセブンイレブンの看板を見た事がありますか?え?無いヤツなんているのかって?そうですよね。毎日のように見ている方もいらっしゃると思います。
 ではセブンイレブンの看板にはちょっとした謎が隠されているのはご存知ですか?今回はセブンイレブンの看板にまつわるトリビアをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

セブンイレブンの看板をよ~く見ると?

 セブンイレブンの看板を見てみると・・・7 ELEVEnと書いてあります。あれ?nの文字だけ小文字なんですね。

 何故、看板のエヌだけ小文字なのでしょうか。

セブンイレブンの看板には大人の事情が隠されていた

 看板の謎には諸説あるそうなのですが、一番有力な説をご紹介します。

 セブンイレブンが生まれたのはアメリカです。当時、創業者は悩んでいました。朝7時から夜11時まで営業してますよ!という意味の7 ELEVENを看板ロゴにした時にロゴの商標登録が却下されたからです。

 商標登録とは、商品名や屋号(会社の名前)、会社のロゴなんかを登録して法律的に保護してもらう事を言います。「うちのロゴだからね!パクったらお金貰うからね!」見たいな感じでしょうか。

 でも、単純に「7」と「11」が続いてるロゴを登録する事はできませんでした。オリジナリティーが無いという理由です。数字だけの登録はできなかったんですね。ちなみに日本でも単純な数字の羅列で商標登録はできません。

 そこで社長が考えた苦肉の策が、7ELEVENのNを小文字にして、それをオリジナリティーとしたんです。ちょっと苦しいかな?しかし、今度は一発で商標登録ができたそうです。

実は何故nが小文字かはもう誰も分からない

 当時のロゴを作ったデザイナーや関係者が既に誰もいないので、nが小文字の理由を知る事はできないそうです。一番有力な説として、商標登録できなかった説をご紹介しました。

 他にも、社長の妻が口出しした説などありますが、真実はもう誰も知る事ができません。

 今度外でセブンイレブンの看板を見たら、本当にエヌが小文字になっているかどうか確認してみて下さい。僕は何十年もあの看板を見てるのに気づいていませんでした。皆さんは知っていましたか?

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク