猫の雑学

猫と簡単に挨拶する方法!猫に愛されているかが試される!

cat-kiss
Written by パンド
Pocket

 超クールな猫ちゃんの性格。猫は自分の気がおもむくままに行動します。餌が欲しかったら寄ってきて「ニャーン」なんて甘えてきますが、お腹いっぱいになったとたんにドコかへ行っちゃったり。そんなつれない性格が大好きなんですが、もうちょっとコミュニケーションをとりたいですよね。今回は猫と簡単に挨拶する方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

愛猫と簡単に挨拶する方法

 猫と挨拶する方法は簡単です。人差し指を猫の鼻先に持っていくだけ。猫にはお互いの鼻先を近づけて「クンクン」する習性があるんです。鼻先に人差し指を近づけるだけで、本能的に鼻を近づけて来るんですね。

 ここで重要なのは、猫があなたの指を嗅いでいる間に触ってはいけないという事です。おさわりはNGです!何故猫はこんな習性を持っているのでしょうか?

猫は臭いで色々な情報を感じている

 猫は敵意のない別の猫と合った時に、鼻先を近づけてクンクンします。これはお互いのニオイを嗅いで強さや友達になれるかを調べていると言われています。
 
 ニオイを嗅いで「あーこいつ雑魚ですわぁ」とか「ム!こいつ・・・できる!」とかって思ってるんですね。

 同じように人間の指を鼻の先に差し出すと「チェックせな!!」という猫の習性が働いてクンクンしちゃうんですね。

猫の愛情表現 鼻チュー

 あなたに鼻がくっつくぐらい近づけて臭いを調べているなら、それは愛情の印です。あなたの顔を近づけても鼻チューをしてくるなら、猫があなたに心を開いていると言えます。

 鼻チューされたなら、猫は疑いなくあなたに愛情を抱いています。何故なら、猫は嫌な物は嫌なんです。嫌いなやつの顔なんて近づいてきたらサーっと逃げちゃうんですから。

猫との挨拶は人差し指から始めよう

 
 人差し指を猫の鼻先に。クンクンと臭いを嗅いできたら、それだけで挨拶は完了です。

 え?逃げられたですって?まだまだ猫との距離がありそうですね。お猫様に全てを捧げ、無償の愛を注ぎ続ければ、いつかは鼻チューされるようになります!たぶん!

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク