猫の雑学

猫好きなら知っておきたい フェレンゲルシュターデン現象とは・・・驚きの事実

フェレンゲルシュターデン現象
Written by パンド
Pocket

 猫が何もない空中を凝視している。この場面に遭遇してしまった飼い主さんは多いと思います。この現象を「フェレンゲルシュターデン現象」と言います…というのは真っ赤な嘘。ガセネタです。某巨大掲示板にシレッと本当のように書き込まれた「嘘」がきっかけで広まった名前です。

 現象の名前は嘘だとしても、猫が空中を凝視するのは事実です。今回は何故猫は空中を凝視してしまうのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フェレンゲルシュターデン現象の真実

 猫が空中を凝視していると、何か見えてはいけない物が見えているんじゃないかと思って怖くなりますよね。でも心配いりません。お化けなんて見えてないんです。たぶん。

猫は耳が良い

 猫はとんでもなく高音が聞き取れる生き物です。数値にすると6万ヘルツの音まで聞こえます。猫の中でも耳が良い部類になると、なんと10万ヘルツまでも聞こえるんですね。人間が聞こえる音の上限が2万ヘルツ。犬でさえ3万8000ヘルツまでしか聞こえません。
 
 しかも猫は20メートル先の物音までも聞こえます。隣の部屋でグースカ寝ている猫でも「あ ご主人 今お尻をかいたな」なんて事も分かってしまうんです。怖いですね。

猫が空中を凝視する訳は「猫の地獄耳」のせい。人間には聞こえない物音をキャッチして「なんにゃ!?」と思って聞こえた方向を凝視するんですね。

 ちなみに人間の限界2万ヘルツの音はどんなものなのでしょうか。ヒアリングテストをしてみて下さい。猫の限界6万ヘルツがどれだけ高音か分かっていただけると思います。(30歳以上の方は2万ヘルツまで聞こえないかもしれません。年齢によってどんどん高音が聞こえなくなってきます。)

※注意!キーンという音が流れます。気分が悪い時にはおすすめしません。

猫がお出迎えできる訳

 帰宅して玄関をあけると猫が待っててくれた時は、生きてて良かった!と思います。え?お出迎えしてくれない?それはきっと嫌わ・・・いえ なんでもありません続けます。

 猫は習慣によって「あ!この音はご主人の足音だ!」というのを記憶します。そうすると遠くから聞こえてくるご主人の物音を聞き分けて玄関まで猛ダッシュするんです。

 家の猫は私が駐車場で車の鍵を「ピッ」と閉めた音がサインらしく、その音がすると猛ダッシュしていくそうです。(同居人様談)

まとめ

 フェレンゲルシュターデン現象の名前は嘘っぱちでしたが、猫が空中を凝視してしまうのは事実でした。もうこの際ですから、この現象の名前はフェレンゲルシュターデン現象でいいんじゃないかと思います。そのうち嘘が一人歩きして「フェレンゲルの第一法則」なんていうのが正式に認知されそうです。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク